毎日更新旅日記
旅の動機
旅の概要
旅の予定マップ
旅の持ち物
 
表紙へ

 

 

 


更新日時 03/02/07 11:26
本日のデータ
日付
2月 2日
天気
曇一時雨
旅行日数
208 日目
体調
良好
本日の移動
 徳之島町(徳久さん宅)〜登山&海へお出かけ
走行距離
0.0 km   
現在地
鹿児島県徳之島
総走行距離
8385.0 km   
宿泊地
徳之島町・徳久さん宅
今日の出費
食費
0 円    
宿泊費
0 円    
観光費
0 円    
雑費
0 円    
経費詳細

 




満喫!徳之島

 昨夜は風が強く、また強い雨も降る夜であったが、でも、今夜は布団でぬくぬくとお世話になっている徳久さん宅で気持ちいい朝を迎えた。6時半起床し、今日もやっぱり朝は恒例になりつつある日記の更新から始まった。途中、朝食を頂いたりのんびりしながら書くこと約2時間、9時頃になってようやく終えることが出来た。

 今日は徳久さん達と、この徳之島最高峰でもある井ノ川岳に登山予定。幸い雨も9時にはあがってくれ、所々に晴れ間も顔をだし回復傾向。楽しい登山ができそうだ♪そんな今日の登山のお弁当を買いに亀徳の町まで車でお出かけ。私も同乗し、そしてその町でようやく携帯が圏内になってHPのUP作業やメールチェック作業をさせてもらった。

 帰宅後登山準備を済ませていよいよ出発!車に乗り込み登山口へと向かった。その途中で徳久さんのお姉さん達も乗せ、あわせて5名での久しぶりの大人数での楽しい登山になりそうだ。登山口は車で数分ほどのすぐ近くなのだが、その途中で、サトウキビ積み込み中のトラックとばったり!しばし待つことになったが、そんな島ならではの光景が楽しかった。

 10時頃に登山口へ到着。さっそく井ノ川岳をバックにみんなで記念撮影♪ちなみにこの井ノ川岳を含め南西諸島の山々は基本的に登山できるのは12、1、2月だけらしい。他の季節はハブは活発化しだして危険のためにとても山に踏み入れられないそうだ。今だけしか楽しめないこの井ノ川岳、どんな登山になるのか楽しみだ。

 出発して早々、いきなりダチョウ小屋を発見!歩く自分達を見て、ぞろぞろとダチョウ達が集まりだして、その数の驚かされた。そしてそのダチョウ達の目は、みんなこちらを見ていてそれがまた親しみ深く見えた。


収穫真っ盛りの
サトウキビ


登山口付近にて
井ノ川岳をバックに♪


途中、ダチョウ小屋発見!


 ダチョウ達を見送ると、徐々に本格的な登山道へと入っていく。道は一本道だが、最初のほうは荒れた車道の脇道等も通っていたりと、ちょっと分かりにくい所があり、こうして徳久さんに案内されてこなければ、登山道をきっと探し歩いての登山になっただろう。

 道はやや荒れていて歩きにくい。上には木が垂れ下がっていたり、足元にはシダ系の植物が生い茂っていたりと、まさに亜熱帯の山という感じで、他の地域の山とは全く違っていた。こんな道ではハブに気をつけると言っても、足元が見えずに分かり難く、さらに上の木にも注意を払わなければいけない。とても夏は怖くて歩けないことを実感した。

 やや荒れた登山道に、さらに昨夜の雨で滑る道に注意しながらみんなで楽しく登っていく。そんな道を登ること約1時間半、この島最高峰である644mの地に登頂した。そんな最高地であったが、残念ながらその山頂からは樹木に覆われて展望はなかった。でも、しっかりと他に展望台(岩)があり、それに登ることで東西南北の展望を望むことが出来た。

 だが、そんな展望を楽しんでいると、みるみる天気は悪化して雨が降り出してきてしまった。急いで写真を撮ったが、でもすでに視界はなくなりつつあるときであった。この時には遅れていたお姉さん達2人はまだ登頂していなく、この良展望が一緒に見れなくて残念だ。また晴れてきてくれればいいのだが・・・

 他の展望台にまわったり、また雨のために木陰で身を隠しながら待つこと約30分ほどで、全員無事に登頂♪さっそく記念撮影をして、残念ながら雨の中ではあるが登頂を祝った。

 この山頂には小さな女神の石像が建てられていた。そんな雨に打たれた石像を見て、お姉さんが頭をなでたその時であった。女神像の頭が”ぽろっ”っと落ち、さらには下に備えてあった盃までも割れてしまった。さすがに言葉を失いみんなをここで呼んだのだが、話を聞いてビックリ!元々折れていたのだろうが、それでも怖い・・・ 可愛そうだと帰りは首にタオルを巻いてあげた。

 そんな事件があった直後から、小雨になっていた雨がまた本格的に降り出した。このまま止むのかな、っと思っただけにショックで、また女神様のタタリだ〜 っと思ってしまうほどのタイミングだった。逃げるように、持ってきたお弁当も食べられないまま下山へと向かった。


休憩中・・・


山頂付近より見下ろす


井ノ川岳山頂にて♪
でも雨が・・・(T_T)


 下りは足元がかなり滑ることから慎重に下山して行った。途中、何度か大雨にも降られたが、じきに雨は止んでくれて、下山時した13時頃には、時折、晴れ間も覗く中でも笑顔の下山となったので、雨の悔しい登山となってしまったが、それでも楽しい登山の思い出を作ることが出来た。

 この後は、さらにちょっと下ったところにある、おじいちゃんの作っているタンカン園へと立ち寄って頂いたのだが、運動後だけあって、もう美味しいこと!!最高のタンカンを食べて、おじいちゃん宅へと向かった。登山時で食べられなかったお弁当は、この、おじいちゃん宅でみんなで頂いた。そしてさらに、自家製の豚味噌漬けなどなど、島ならではの料理がズラリと並び、もうそれらが美味しいこと!写真の収め損ねたのが残念だ。


三角点にて
みんなの足と共に


無事に下山〜♪


下山後は徳久家の農場にて
タンカンを食べる


 こうして今日の午前中は徳之島の山を堪能した。そして、昼食後は今度は海へと出かけることに!今日は大潮でそしてちょうど今が引潮時で、さんご礁の上を歩きながら貝拾いへ!!さっそく軽トラックとワゴンで浜にお出かけ♪これも家からすぐ近くで、浜まで着いたら、みんあで軽トラックの荷台に乗り込み、浜を激走して、潮の引ききった海へと到着した。

 さんご礁の上を歩きながら、いろいろな食用貝をみんなで探した。私も一生懸命探したが、でもなかなか大きな収穫は出来なかった。綺麗な南国の海ばかり見ていたせいかもしれない(汗) でも、本当に海が綺麗なこと!こうして南国の海をのんびり歩くのも、もちろん初めてで全てが新鮮な気持ちで散策していた。

 5時近くまで、みんなで貝を探したり、浜を散歩したり、そしてさんご礁を探したりと楽しい時間を過ごして帰路についた。帰宅後は今日の汗を流して、そして豪華キムチ鍋!さらに郷土料理も摘みながら、今夜も徳久さんとお酒タイム♪こうして夜の楽しい時間はあっという間に過ぎていった。



今度は海へと出発!!


神之嶺崎付近にて


綺麗な海とさんご礁


メチャメチャ綺麗です♪


白い砂浜にて♪


カニ見っけ
(ももこちゃん)


空もこの時だけは青空


夜は浜で捕ってきた貝を
頂く♪


 〜追伸〜
 この徳之島で一つ悔しいことが!この日記では触れてこなかったが、この島は毎年、あのマラソン金メダル選手「高橋尚子」さんが練習地として訪れているのだが、それが明日からこの島にやってくる。そして宿泊は自分も温泉&食事のために行った”サンセットリゾート”なのである。さらに島内ではそのイベントも盛り沢山!次の日曜日には一緒に走ろう!っという企画まであるそうだ。そんな場に居れなかった事が悔しかった。もうちょっとずれていたら・・・ っと思ってしまう。
<< 前の日へ


since2001-4