毎日更新旅日記
旅の動機
旅の概要
旅の予定マップ
旅の持ち物
 
表紙へ

 

 

 


更新日時 03/05/18 8:29
本日のデータ
日付
5月17日
天気
晴時々曇
旅行日数
311 日目
体調
良好
本日の移動
 砺波市〜車で宇奈月温泉へ
走行距離
0.0 km   
現在地
富山県宇奈月町
総走行距離
13361.5 km   
宿泊地
宇奈月温泉・延対寺壮
今日の出費
食費
0 円    
宿泊費
0 円    
観光費
0 円    
雑費
0 円    
経費詳細

 




家族団欒・白川郷

 「おー!寒い!」、昨年の9月以来の家族との再会のために、今日は昨夜泊ったこの道の駅で到着まで、PCをしたり本を読んだりとのんびり待ったのだが、風が冷たく肌寒い・・・ 風が来ないところへと何度か探し移動しながら、久しぶりの再会を待っていた。

 最初の電話では「10時過ぎには到着できそうです!」っと、意外に早い到着にドキドキ、でも時期に「道を間違えたので11時過ぎになっちゃいそう。」と変更の電話。こうして待っていると、ソワソワ、ドキドキ、落ち着かなく、久しぶりの再会に緊張していた。

 そして「到着しました。どこ!?」っという電話が入った。さっそく駐車場へ駆け寄ると、変わらぬ家族の姿が!皆、満面の笑みで迎えてくれた。もちろん自分も同様だ。久しぶりの家族の再会にまず、みんなが元気で居ることがなにより嬉しかった。いや、きっと家族の立場からなら、さらに自分が元気で居ることが嬉しかっただろう。でも、そんな嬉しい再会でも、妹からの最初の言葉は「太ったね〜」、「髪切りなよ〜」、っと、なんとも言えないショックなお言葉(笑)、でも、それが「家族だな〜」っと思え嬉しくもあったのだが、でも実際そんなに髪がボサボサになりつつあったとは気付かなかった。

  車の中でまずは親の手作りお弁当をみんなで頂きながらのんびりと過ごした。ほんとならこのチューリップ公園の広々とした自然の中で食べたいところだが、あまりの風の冷たさに車に避難。でも、久しぶりの家族団欒、それでいて、普通に家族と言う、みんな変わらぬ温かさであった。いろんな家族とこの旅でお世話になり、そして実の家族の様にしてもらってきたが、でも、やっぱり本当の家族とは違うものだなと初めてこの時に実感した。何が違うかと問われれば、困ってしまうほどだが、でも、違う見えない温かさがそこにはあった。


めいちゃんでーす


姪っ子と一緒に♪

 食事後、ちょっと戻るような形で”世界遺産・五箇山・白川郷合掌造り”へと足を伸ばしてもらった。これは実は自分のお勧めで、行ってもらったところだ。ほんとうなら、ここはピストンで庄川からアタックするつもりで丸2日かかる工程なのだが、それが車で一気にひとっ飛び!車ではひたすら馬鹿話が飛び交い、話尽きることなくあっという間に、、まずは”菅沼合掌造り村”へと到着した。展示村のように整備せられている村であり、何件かは有料であるが中を見学することができた。でも、そんな中で、ほとんどの家は今でも普通に生活しているのには驚いた。またそんな生活の臭い漂う自然な姿に惹かれていった。

  五箇山合掌造り:茅葺切妻合掌造りの家屋が広がり昔そのままの姿が保存された数少ない集落。古いものは天保年間以前からの建築で、新しい物でも昭和初期。以前はこのような集落が無数にあったそうだが、昭和30年代頃までに急速に姿を消してしまった。この集落でとくに興味引かれたのは「塩硝つくり」、鉄砲の火薬の原料で、前田家が幕府の目から逃れる為にこの秘境の地で作らせたと言う。


五箇山合掌集落(菅沼)


集落内にてのんびりと♪
(左・兄:中・母)


姪っ子・めいちゃん



いえぇーい!!

  さらにこのあと戻るように南下してもっとも合掌造りで有名な白川郷へと足をさらに伸ばした。さすがにこちらは先ほどとは一変、大型バスで込み合い人が溢れていた。さすがは世界遺産の観光地と思わせられざるえない風景で、静かな五箇山に比べるとただのレジャー施設のように見えてしまう。そんなこともあって、合掌村への入園はあきらめ、ここはお土産街などの町並みを散策することにした。それでも充分に楽しめ、逆に先ほどにも書いたがどこも生活そのままの姿でいて、それが風情を高めていた。

 ここでは1時間以上かけてのんびり散策。あまりに広大に広がる集落にとてもすべて見ることが出来なかったが、それでもその雰囲気を楽しんで16時過ぎに今日の寝床、野宿ではなく豪華旅館へと宇奈月温泉へ向けて車を走らせた。


今度は白川郷


妹と兄・アホ兄弟でーす


合掌造りと妹


 カイニョと呼ばれる田園地帯にポツポツと広がる屋敷林、ひたすら変わり栄えしないそんな富山ならではの景色を眺めながら高速を走らせた。左を遠く覗くと光り輝く日本海の海面が見え、右に目を向けよく目を凝らすと、こんどは雪を被った連山が所々こちらも夕日を浴びて山頂付近が美しく光り輝いていた。


中村家みーんなで♪


妹でーす

 高速を下りて黒部川沿いに登って行くと目的の宇奈月温泉街へと入り、豪快に涌く駅前の温泉を横目に旅館へと入った。さっそく浴衣に着替えて温泉へ!!そして懐石料理と豪華旅館で家族団欒の時を過ごした。ただ就寝はみんな疲れていたこともあり早く、自分も23時前には就寝した。

 明日も家族と引き続き観光!楽しみだ♪



 ★今日のお食事♪
 ・朝食 : 店屋物弁当
 ・昼食 : 親の手作り弁当♪
 ・夕食 : 豪華旅館の懐石料理
<< 前の日へ

since2001-4