毎日更新旅日記
旅の動機
旅の概要
旅の予定マップ
旅の持ち物
 
表紙へ

 

 

 


更新日時 03/05/20 6:31
本日のデータ
日付
5月19日
天気
晴時々曇
旅行日数
313 日目
体調
良好
本日の移動
 砺波市〜富山市〜黒部市〜入善町
走行距離
81.7 km   
現在地
富山県入善町
総走行距離
13443.2 km   
宿泊地
園家山キャンプ場
今日の出費
食費
564 円    
宿泊費
0 円    
観光費
0 円    
雑費
0 円    
経費詳細

 




山々の恵み

 さすが富山・北アルプス山麓!!水がほんと豊富な町でいく筋もも大河が流れ、そして湧水も豊富。そんな恵みからこの広大な田園地帯がうなずける。そんな豊富な水を誇る富山、その中でもとくに驚かされたのが”扇状地湧水群”!背後に聳え立つ3000m峰の山々から浸透した水が扇状に地下に広がり、この河口で地表下に現れ、至る所に名水が湧き出ていた。各家庭の庭先にも!駅前にも!さらには今日の寝床のこの海岸脇のキャンプ場でも!溢れる名水にただただ驚きの連続であった。

 そんな名水に午後からは癒されっぱなしであったが、今朝は寂しくチューリップ公園でひとり朝を迎えた。昨日の家族との団欒がもう遥か昔のように感じた朝だった。ただ今日は嬉しいことに日記が昨夜のうちに終わっていたので、朝は時間に終われることなくのーびり♪もう、すっかり忘れていた静かな朝の時間であり、朝霧の中を眺めながら食事をとり、7時半前には今日のメイン観光”富山市”へ向けて出発した。

 朝の交通整理のおじさん達から声援を浴びながら漕ぎ進み、途中、安田城跡を見学。見事なほど綺麗に復元された堀をもつ城跡で、資料館も併設されていたほどだったが、残念ながら月曜日ということで休館日。その後に市街へと入り楽しみにしていた富山城歴史資料館も、同様の休館日・・・ さすがにこれにはショックを受け、月曜日という曜日を恨んだほどであった。空いた時間、どこか楽しめそうなところがないかと地図を見ながら探すが、結局なにも興味沸かずに、このまま観光もなく県庁所在地を後にすることになってしまった。ただ、観光以外には広報活動を実施♪感じのいい記者さんと楽しくここ城跡で接することができ楽しい時間を過ごしことが出来た。こうした人との会話、なんだかホッとする時間である。あと、この市街を脱出する前に寄ったのが郵便局。ここで新品のテントのポールの受け取り、そして破損品を送り返した。これでテントの不安もなくなり、この月末から始まる登山ラッシュに向けて気合が入った。ちなみに登山ラッシュとは群馬・新潟県境を中心とする山々、計10山以上の連続した登山を計画している。うーん・・・ 過酷そうだ・・・

  富山城:城は廃藩置県後に解体されてしまったのだが、今は一部復元されていた。それがパッと見、歴史を感じさせる風貌で「えっ!現存するお城だっけ?!」ろ思ってしまったほどであった。ちなみに昭和29年の再建だそうで、他と比べれば早い再建ではあった。ちなみに富山城の歴史は1543年、越中守護代神保氏が命じて築城したのが始まりといわれている。その後、上杉謙信等との攻防の拠点となり、1581年には変わって佐々成政が入城、さらには豊臣秀吉の侵攻を受け、のち前田家の所領となり明治まで続いた。

  富山配置家庭薬: 1690年、越中2代目藩主・前田正甫公が江戸で他の大名に与えた薬の効き目が評判となり、他の大名も「ぜひ我が藩でも販売を!」そんな声から各藩に行商し広く普及したのが始まりだそうだ。富山城公園にはその正甫公の銅像が建てられていた。

 ここにも義経伝説:源義経が奥州へ落ち延びる途中に度々休憩し、この富山市の海岸の松にしばしば鎧を掛けたと言われているそうだ。ちなみにその松は今はなくなってしまっているが、でも地元の方々の熱い思いにより、小さな松が植えられていた。今も地元には生きる義経伝説だ!


富山県城


北日本新聞社に
取材していただく♪


自転車道を快走



昨日の滑川港にて・・・

 この後、海沿いの道でひたすら進む。サイクリングロードも所々作られていて、海を眺めながら、また、旧街道の素朴な町並みに浸りながら進み、そして昨日家族で立寄った滑川港へと入った。みんなではしゃいだのが嘘のような今は静かなこの地で今日も休憩。海を見ながら昨日の日記で好評だった写真「海が好きな姪っ子」の真似をしてみるが、やはり自分では絵にならなく、まだ、同じく真似してくれた海鳥のほうが絵になっていたのが悲しかった。

 このお滑川港付近では日も出てポカポカ暖かく、その陽気に誘われてちょっとお昼ね♪1時間ほどのんびりして、また海岸線沿いを北へ北へと向った。そして冒頭にも書いた黒部扇状地湧水群へと入った。探すことも必要ないほど至る所で水が湧き出、そして水落に誘われていろんなところで、水と遊び、そして水を積めるだけ自転車に汲んで今日の寝床地、園家山キャンプ場へと入った。

  生地中橋:黒部港の入り口に掛かる橋で、船の通過時刻に開閉するのだが、その開閉の仕方が面白く、片方より持ち上げそして90度回転させる。ちょっと驚く力技だ。ちなみにこのような橋の正式名は”片持式旋回橋”というそうだ。(そのまんまだが・・・)


海鳥も・・・


生地中橋(回転橋)


扇状地湧水群(名水公園)


駅前”生地の清水”


黒部川を渡る


湧水公苑



標高17mの一等三角点


園家山キャンプ場にて♪

 このキャンプ場はちょっと変わっている。まず場所はこの辺りでは珍しい砂丘の上に作られていて、さらにはこの砂丘の標高17mの丘が一等三角点に指定されているのが意外であり面白い。さらには、このキャンプ場の水、なんとすべて湧水で蛇口もない常に出っ放しの水であった。わざわざ水を汲んでくる必要もなかったわけだ。そんな名水&キャンプ場という久しぶりの好立地条件で豪華食事!と、本当なら行きたかったが、しかし道中にスーパーも何も見つからずに、結局そのまま到着してしまい、カバンの中をあさっての食事のために今夜も残念ながら質素な食事となってしまった・・・ 夕方は読書をして過ごし、夜はPCで追われ、23時ごろ就寝した。


 ★今日のお食事♪
 ・朝食 : 固パン・ラーメン
 ・昼食 : コンビニ弁当・カレーパン
 ・夕食 : お菓子・ラーメン・ソーセージ
<< 前の日へ

since2001-4