毎日更新旅日記
旅の動機
旅の概要
旅の予定マップ
旅の持ち物
 
表紙へ

 

 

 


更新日時 03/06/19 7:42
本日のデータ
日付
6月18日
天気
曇時々晴
旅行日数
343日目
体調
良好
本日の移動
 象潟町〜秋田市
走行距離
68.0 km   
現在地
秋田県秋田市
総走行距離
14979.7 km   
宿泊地
豪華ホテル!
今日の出費
食費
3880 円    
宿泊費
0 円    
観光費
300 円    
雑費
0 円    
経費詳細

 観光地:白瀬南極探検隊記念館




休養へ

 昨日のあの悪天が嘘のように今朝から眩しいほどの日差しが差した。やや薄曇でこそあったが久しぶりの日と青空だけに朝の清々しさは一塩だった。でも、そんな今朝は道の駅のエアコンのよく効いた休憩室内で日記の更新作業。溜まってしまった日記に追われるようにパンを摘みながら黙々と日記を書きていた。


久しぶりの青空♪


豪華に牡蠣丼

 もーさん、そして、遠藤さんとも昨日から引き続き今朝もまた会話に盛り上がった。とくにもーさんからは観光情報をたくさん教えていただき、また次の再会場所まで約束した。そこは青森・五所川原!またひとつ楽しみが出来た。そう!楽しみといえば今日である。いや、今日からだ!実は今日、秋田に沖縄で知り合った”登川”さんがなんと飛行機を乗り継いで3泊4日で遊びにきてくれるのだ!そしてもちろん登川さんと言えばラジオでもお世話になっている方で、その収録も兼ねている。そしてさらに嬉しいのが、宿まで提供してくれるというではないか!ここぞとばかり秋田ではのんびりしようと思い、それを楽しみに佐渡あたりからちょっとハイペースで休むことなく頑張ってきた。そして予定通り今日中に秋田へ入ることができそうだ。今日から休暇へと突入だ〜!

 とは書いたもののまだ出発できそうにもない。一生懸命に日記を書いているたのだが、でも終わってみればすでに11時半・・・もうお昼ではないか・・・ もちろんすでにもーさん、遠藤さんは共に出発していた。私も遅れまいと頑張ったが、まったくダメで、昼食はこの道の駅で頂くことになってしまった。それからの出発となってしまった。ちなみにほんとうなら生岩カキがお勧めと聞いて食べたかったのだが、その300〜400円する値段と、そして昔食べ吐き出した生カキの味を思い出し、勇気がなく購入できなかった。でも、あのときのカキは安いスーパーの品だったからココとは雲泥の差があるだろう。迷いに迷ったのだが結局は無難なカキ揚げ丼にすることにした。

 12時半頃にようやく出発。いままでエアコンの中で、「さむっ!!」、と身体を丸めて小さくなっていたのが嘘のように、外は猛暑であった。久しぶりの気持ちいい天気ではあるが、でも漕ぎ出すとすぐに汗が噴出しそれが苦痛であった。雨のときは「晴れてくれー!」っと祈っていたのに、まったく贅沢は話である。ちなみに今日から靴を重い登山靴からサンダルへと履き替えた。漕ぐのは快適で、また涼しいくもあるが、ただでさえ多い荷物がさらに増し、そしてもちろん重くなった。「履いてたほうが楽か?!」、そう思いながらも、足の涼しさを味わい楽しんでいた。


白瀬記念館

 出発してさほど進まないところにちょっと気になる観光場所があったのでさっそく立寄ってみた。そこは白瀬南極探検隊記念館。明治の技術不発達の中で人類初の南極点を目指した男である。失敗こそしたが、でもその意気込みと行動力、そして南極の自然の神秘に魅かれ見入ってしまい、退館時に時計を見てビックリ!2時間も観光していた。ちょっと慌てて自転車を漕ぎ始めた。

 白瀬南極隊記念館:もちろんこの秋田県の生まれ。陸軍軍人として進み、そして冒険家となり明治45年(1912)南極点に向けて南極大陸に上陸したものの到達できず、途中で断念・・・ そこを大和雪原と命名し帰国の途についた。ちなみにほぼ同時期にアムンセンが世界で最初に到達し、この争奪戦に白瀬は敗れた。その後、日本人としては戦後まで待つことになり、1968年に世界で9番目として到達した。

 
「秋田市はまだか〜!」、漕いでも漕いでも全然進まなく感じるほど時間だけがどんどん過ぎていった。ほんとうなら途中の亀田城下町を観光しようと思っていたのだが、それどころではない。また、ちょっと内陸に入らないといけないために、覗くだけでも・・・ と言う訳にいかなく、「もっと早く出発してれば・・・」、と悔しい思いで仕方なく通り越していった。黙々と漕ぎ続けること約3時間、18時となってしまったがようやく市街へと入り、そして先ほど到着したという登川さんと再会!!久しぶりの再会に喜び合い、話は尽きなかった。


居酒屋で秋田を満喫♪


沖縄より登川さんと!
(豪華ホテルにて)

 荷物をホテルに預けて、さっそく市街へと繰り出した。どの店にしようかといろいろ迷い散策したのだが、これが意外に楽しい♪町をこうして歩くなんて久しぶりだ。繁華街を一通りまわり、そして手頃そうな居酒屋へと入店した。そこでさっそく海の幸、そして秋田の名物・きりたんぽ鍋などを頂きながら、そしてやっぱりこういう場ではお酒♪焼酎・熱燗と飲み、ほろ酔い気分で気持ちよく後にした。ちなみに登川さん、お酒がのめないのが残念だった。そのぶん料理で楽しんでもらおうと、いろいろ薦めてみたが、好き嫌いのやや多い登川さん、なかなか舌を唸らせることが出来ずに残念・・・ また明日挑戦だ!こうしてひとりほろ酔い気分で気持ちよく夜の町へと帰路についた。ここ秋田の県庁所在地とはいえ、それほど大きな町ではなく、また平日ということもあって人もまばらではあったが、でも呼込みの人はいっぱい!いろんな人に声を掛けられ、「ごめんね〜」と後にするが、でも、こうした夜の雰囲気というのも久しぶりで、また飲んでいたこともあって楽しくて仕方がないほどであった。ホテルへ戻ってからも登川さんとの話は尽きず、楽しい第一日目の夜は深けていったが、でも最後は仕事・・・ このHPの更新作業へ。とは言っても日記まで書く集中力はとてもなく、写真だけをUPして0時ごろ就寝した。


 ★今日のお食事♪
 ・朝食 : パン×2
 ・昼食 : 牡蠣丼・牛丼
 ・夕食 :

豪華に居酒屋でお酒と共に♪

<< 前の日へ

since2001-4