毎日更新旅日記
旅の動機
旅の概要
旅の予定マップ
旅の持ち物
 
表紙へ

 

 

 


更新日時 03/12/01 18:57
本日のデータ
日付
11月25日
天気
旅行日数
506日目
体調
良好
本日の移動
 横須賀市観光
走行距離
0.0 km   
現在地
神奈川県横須賀市
総走行距離
22590.2 km   
宿泊地
岡田さん宅
今日の出費
食費
1 円    
宿泊費
0 円    
観光費
0 円    
雑費
0 円    
経費詳細

 




明治の興奮

 こんな事で興奮していては・・・ そう思ってしまうのだが、明治の一番好きな時期。日露戦争。こうした戦争の時代背景を好きと言うのは問題であるような気もするが、しかし、そうした緊迫した時代背景に胸高鳴ってしまうのは仕方がない。しかし、こうした過去を知った上で、今を知る。それが大事だとも思うだけに余計に興味深く、その当時から終戦にかけての海軍の中心地が今日から始まったこの横須賀なのだ。もう、前々からこの地に興味を持っていただけに、さらには、ここにあの日露戦争時に活躍した日本連合艦隊の旗艦である”戦艦・三笠”が現存しているということでなおさら楽しみにしていた。しかし、自分には分からない謎もあった。この三笠、日露戦争からの凱旋早々に弾薬庫の発火で沈没したと聞いていたからだ。それがなぜ現存しているのか、そんな謎も知りたく、その三笠へと向かうために岡田さんの車に揺られていた。


やってきました!
東郷平八郎と再会です


日露の英雄・戦艦三笠


岡田さんと共に♪


甲板にて

 昨夜から雨が激しく降り出し、今朝になっても変わらず降り続けている。しかし、今朝はあったかい布団の中での6時半の起床。もちろん昨夜からお世話になっている岡田さん宅で、起きてからは昨夜できなかったHPの更新を写真だけでもとやり始め、そして朝食をご馳走になった後、岡田さんが観光へと連れて行ってくれた。仕事は夕方からということで、それまでの時間、いろいろ案内してくれ、岡田さんが生まれ育った横須賀の地だけに詳しく、やはり気になる米軍基地の話をしてくれた。高い建物が全く今まで建てられなかったこと(基地内が見えてしまうため)、米軍基地の維持費のほとんどが日本の税金から出されていることなど、上げたらキリがないほど興味深いことをたくさん聞かせてくれた。そしてそんな中で到着したところが、三笠公園。先ほどから書いてきた戦艦・三笠が保存されているところである。入った早々、その明治の軍艦の巨体が目の前に入り思わず感激のあまり声を上げた。それほど嬉しく胸ときめいた。この後の館内見学、この艦以外にも展示資料の方も豊富で、どれもこれもじっくり見て行きたいところであったが、それでは丸1日は掛かってしまい、かなり涙を呑んで飛ばして見て歩くが、それでも2時間以上の見学となった。ちなみに先ほどの謎も解けた。そう、沈没したという話である。実際に沈没はしたが、その後、引き上げられ修復し、また戦線復帰したそうだ。その後も、何度も活躍し、そして最後、こうして明治を尊重する記念艦として保存されることになったのだ。しかし余談だが、その後、とくに大戦後の荒れ方が激しく、甲板上は水族館やダンスホールが建てられた時期もあったそうだ。しかし、復元の声が高まり、明治の雄姿をまた誇っている。

 日露戦争:1904〜05年(明治37〜38)日本と帝政ロシアとが満州・朝鮮の制覇を争った戦争。04年2月国交断絶以来、同年8月以降の旅順攻囲、05年3月の奉天大会戦、同年5月の日本海海戦などでの日本の勝利を経て同年9月アメリカ大統領T.ルーズヴェルトの斡旋によりポーツマスにおいて講和条約成立。
 
 戦艦三笠:日露戦争における連合艦隊の旗艦。1902年イギリスで完成した戦艦。常備排水量1万5140英トン、速力18ノット。30センチメートル砲4門などを備える。26年から横須賀白浜海岸に固定保存。※広辞苑より


復元部屋も


三笠の主砲!
そして目の前は米軍基地


主砲前・甲板にて

 この後、観音崎など見学に車を走らせる予定であったが、しかしあまりの風雨に断念。三笠を観光時も実際は散々であった。甲板上を見学時には激しい風雨に見舞われ、傘もほとんど役に立たずビッショリ・・・ そんな中でも興奮の中だっただけに、私は雨を忘れはしゃいでいたのだが、しかし、この後の観光もとなるとさすがに辛い。さらには岬(観音崎)へと出るのだから風はさらに増し、観光どころではなくなることから、今日の観光は断念し、また岡田さんの実家へと引き返した。その途中、時の総理”小泉”さんの実家前も通ってくれた。それほど目を引くこともない普通のお宅なのだが、しかし、さすが日本の頂点に立つ人の実家だけに警備は物々しく警備員が前後に2人配備されていた。聞けば大臣まで同様らしい。実家にまでこうして警備員が配備されるなど知らなかっただけにこうした話も新鮮で楽しく資料館では見ることの出来ない一面のひとつであった。

 お昼頃、帰宅してからは大雨ということもあって、ひたすら溜まった日記の更新に明け暮れていた。夜までに3日分をようやく書き終えたが、しかしそれでもまだ今日を含めて5日分残っている。考えただけでもう胃が痛くなるほどであが、しかし悩んでいても仕方がない。少しずつでも書いていくしかない。しかし、今日も時間はあっという間に流れ夜を向かえ、19時半、岡田さんのアパートで今夜も夕食をご馳走になり、また、かわいいやんちゃ盛りの”みなと”くんと共に、夜はHPを忘れ楽しい時間を過ごした。それにしてもみなと君のパワーには感服(汗) こうして、雨の為に急遽、またお世話になることになった岡田さん宅であったが、嫌な顔ひとつすることなく、今日も温かく迎えてくれ、さらにはみなと君も大はしゃぎ!賑やか場がほんと好きなようで、最後は私の膝の上にまで入り遊んでいた。そんな温かい家庭に包まれ、私の楽しく過ごし、23時頃就寝した。連日ありがというございました。

 追伸:お気づきの人もいるかな?ちょっと不思議な食費の1円。実はこれはこのHPをよく見てくれていた岡田さんの策略?!1円という表示をさせたくて、今晩の夕食は1円となりました(笑)


岡田さん宅にて夕食♪


楽しく団欒


みなと君と♪

※この日記の写真をクリックすると拡大写真が表示されます。

 ★今日のお食事♪
 ・朝食 : ごはん・シャケ・たまごなどなど♪
 ・昼食 : ラーメン
 ・夕食 :

ごはんや春巻などなど♪

<< 前の日へ

since2001-4