毎日更新旅日記
旅の動機
旅の概要
旅の予定マップ
旅の持ち物
 
表紙へ

 

 

 


更新日時 02/10/19 15:17
本日のデータ
日付
10月17日
天気
旅行日数
100 日目
体調
良好
本日の移動
 熊野市〜上北山村
走行距離
43.5 km   
現在地
奈良県上北山村
総走行距離
3472.9 km   
宿泊地
道の駅・吉野路上北山
今日の出費
食費
800 円    
宿泊費
0 円    
観光費
0 円    
雑費
0 円    
経費詳細

 




100日目

 今日でちょうど旅に出てから100日目。辛いこともたくさんあったが、そんなことも今振り返ってみると全てよい思い出に変わっている。100日も旅を続けてきたような実感はないが、でも、よく振り返ってみると、とても100日では言い表せない内容の濃い旅であった。

 そんな記念すべき100日目の朝は、温かい家庭の元、布団の中からの起床であった。7時に起床。昨夜はHPの更新や、家族の団欒、あっという間に時間は過ぎて就寝は夜中の1時になってしまった。楽しいときはほんと時間が過ぎるのが早い。そしてみんな朝は慌ただしく通学、出社していく。もっともっとゆっくり団欒、そして家族という温かさを感じたいと強く思った。でも、今の私は旅が仕事。こうやっていろんな方に触れて大きくなっていきたい。

 今朝はPC操作に没頭。HPの変更や追加をしたいことが山盛りだ。いくら時間があってもたりないほどである。家の中という安心空間でついつい没頭してしまった。そして出発は10時40分ごろ。お弁当やおやつまで頂いて、新たな旅・出会いを求めて出発した。突然の訪問でしたが温かく迎えていただきありがとうございました♪

 寂しさもあったが、また未知の旅に向けてワクワクしてくるようなそんな楽しさもあった。今日も天気は最高。100日目を迎えて、新たに出発するような気持ちで、西村さん宅を後にした。足取りは軽かった。

 まずは昨日来た道を10kmほど戻ることになるが、川沿いを走るほとんど下りの道。昨日とは違い楽しく走り抜けた。そこから後は169号線をアップダウンを繰り返しながら登り道。でも、昨日の瀞峡越えに比べればとても楽な道だ。そんな登りも気分良く、そして軽快に走り、そしてちょうど12時ごろに池原ダムの麓に到着。ここでちょっと寄りたいところがあった。前回、西村さんにお世話になったと時に夕食を御馳走になったお店「花村」さん。こうやって旅でお世話になった方々の再会はほんと楽しくまた嬉しい。そんなことで昼食を食べに立ち寄った。


お食事・飲所
「花村」にて

 だが、残念なことにご主人は今日は不在であった。でも、その奥さんはしっかりと覚えていてくれて、また旅の話などで盛り上がった。そのとき隣のカウンターにライダーの方も・・・ そんな方ともみんなで話しに盛り上がり楽しい昼食となった。そして美味しく、また量も多い定食♪幸せいっぱいで「花村」さんを後にした。

 そこから先はダムを越えるまでは、きつい上り坂となった。たかがダムの高さだ、っと軽い気持ちで挑んだのだが、これが意外にきつかった。そんなとき、あるおばさんに”みかん”を頂いた。ありがとうございました。そんなこともあって力をもらい、なんとかダム上へ。あとは目的地の道の駅までは小さなアップダウンを繰り返すが、ほぼ平坦の楽な道であった。ただ途中、満腹と昨夜の寝不足もあって睡魔に襲われる。そんな時にちょうどよいベンチを発見。迷わずそこで仮眠をとった。2時間の心地よい睡眠であった。だが、今日は暑かったこともあってか蚊が多く、何箇所も刺されてしまったのは辛かったが・・・ そして体力前回で走り、そして16時ごろ無事今日の目的地、道の駅・吉野路上北山へ到着♪

 この道の駅、温泉が目の前に建てられていて寝床には最高のところなのだ。それもその温泉は22時までやっている。入浴して閉館までのんびり温泉施設内で過ごそうかとも思ったが、今日はグッと堪えて温泉をあきらめた。登山後の温泉を夢見て・・・

 道の駅では、外のベンチにてHPの更新や、今後のコース予定を考えながら過ごした。お弁当は夕食として頂いたのだが、それがまた美味しいこと♪やっぱり家庭の味が一番最高である。ありがとうございました。

 そしていつの間にか今はもうすぐ20時になろうとしていた。だが、今も野外のベンチでHPの更新。寒い・・・ 道の駅はもう閉店したのだが、でも定員はなかなか帰らないため、テントを張るのをいまだためらって野外で寒い思いをしている。もう、この日記を書き終えたら、気にせずにテントを設営してしまおうと思った矢先、今、建物の電気が消えた。よし!テントを張って寝ようかな♪

〜追伸〜
 自転車のテールランプを落としてしまった。高かったのに〜(T_T) そしてコンビニもないこの山の中、テールランプが帰るわけなく、怖い思いをしながらトンネルを毎回抜けている。やっぱり点滅するランプがあるとかなり心強い。そのテールランプは多分、大峰山を旅しているあたりで落としたと思う。何度も荷物を積んだり降ろしたり・・・ そんな時に引っかかって落としたのだろう・・・ うーん・・・ ショックだ・・・

<< 前の日へ


since2001-4