毎日更新旅日記
旅の動機
旅の概要
旅の予定マップ
旅の持ち物
 
表紙へ

 

 

 


更新日時 02/12/04 21:07
本日のデータ
日付
12月 1日
天気
曇一時雨
旅行日数
145 日目
体調
やや風邪気味
本日の移動
 今治市〜横峰寺登山〜石鎚山登山口
走行距離
50.2 km   
現在地
愛媛県西条市
総走行距離
5852.0 km   
宿泊地
石鎚山ロープウェイ
今日の出費
食費
262 円    
宿泊費
0 円    
観光費
300 円    
雑費
0 円    
経費詳細

 観光費:お遍路費用




降水確率0%

 昨夜は22時頃就寝。夜中は交通量の激しい国道沿いとあって、落ち着かなく、また騒がしい道の駅ではあってが、それでも道の駅と言う安心感からか、意外にグッスリ寝れた。

 今朝は6時起床。今日も朝食を自炊と行きたかったが、今日の予定が横峰山登山後、石鎚山ロープウェイ乗り場まで、暗くなる前には絶対に到着したいので、テント撤収後、身支度を整え、すぐに出発した。

 数キロ走ったところにあるコンビニで、朝食をしてパンを買って先へと急ぐ。その途中、日曜もやっている大きな郵便局に立ち寄った。昨日も書いたが持ち金がないためだ。だが、開店は9時から、今はまだ7時半だ。1時間くらいなら待とうとも思ったが、これではさすがに辛すぎる。しかたなく諦めて、先へと急いだ。

 そして8時半に、横峰寺の自動車林道入り口である、小さなバスターミナルに到着。ここでちょっと休憩しながら、ここから歩いていくか、それとも自転車で登っていくか、どうしようか迷い休憩しながらじっくり考えた。そして、このバスの受付の方に、荷物を預かってもらえることになったので、最低限の荷物だけで、自転車での登頂を目指すことにした。

 よし!っと気合を入れて9時に出発しようとすると、なんと雨がパラパラと・・・ えっ!降水確率0%なはずなのに・・・ 朝から雲行きは怪しかったが、それでもまさか雨が降るとは・・・ それでも、すぐに止むだろうと、そのまま出発。だが、雨は一向に止むことなく、もう今日も汗と雨でビショビショに・・・ そして坂は予想以上にきつい。もう坂と呼べるレベルではないほどだ。それがひたすら続く。いつもなら、荷物がなくなれば、快適♪快適♪っと坂でも気持ちよく登っていけるのだが、今回の坂はもうそんなレベルの話ではなかった。そしてこの雨&やや体調不良・・・ 途中から、この旅始まって以来はじめて自転車を押して登った。それほどきつかった。

 こうして、自転車を押したり、また漕いだりを繰り返しながら少しずつ登っていき、そして10時半頃に待望の山頂へ。そして、さらに車道から10分ほど歩いて、横峰寺到着♪もう、くたくただ。これで、これから石鎚山の登山口まで行けるのだろうか・・・ ちなみにこの山頂に着いた頃に、よいやく雨は止んでくれた。


黒瀬ダム湖
(横峰寺上り途中から)


横峰寺の上りは
めちゃめちゃきつい〜
雨は降ってくるし・・(T_T)


なんとか登頂
60番・横峰寺

 こうしてなんとか参拝を済ませて、こんどはダウンヒルへ。だが、またこれが苦痛なこと・・・ まずは寒さ!もう予想して防寒着を持っていったが、雨や汗で濡れていたこともあって、それだけでは間に合わずに、もう寒さとの戦いだった。さらには、この急な傾斜。ずっとフルブレーキ状態。そして、一歩ブレーキのタイミングを間違えば、そのまま前に転倒してしまいそうな坂・・・ もう下りも必死であった。こうして恐怖に耐えながら、なんとか元のバスターミナルへ到着。そしてすぐに、せとうちバスの待合室(休憩所)に入り冷えた身体を温めた。まさにそこは天国だった。そして、せとうちバスの方々も暖かく接してくれ楽しい時間を過ごすことが出来た。ありがとうございました。

 12時過ぎ、こうして次の目的地、今日の寝床場でもある、石鎚山ロープウェイ乗り場へとまた登っていった。坂は、先ほどとは打って変わって、最初は緩やかな上りが続いた。そしてまた雨が・・・ どうなっているんだ今日の天気は!!っと叫びながらも重い気持ちで必死で登っていった。幸いそれほど降られることなく今回は止んでくれたので助かった。


下山後
せとうちバスの待合室で
温まる♪


こんどは
石鎚山の上りだ〜
また雨降ってくるし・・・


石鎚山ロープウェイ口
たくさんの仏像

 時間にも余裕があったので、もう何度も休憩しながらのんびりと登っていった。そして14時頃、今日の目的地、石鎚山登山口へ到着♪まずはすぐにどこで寝ようか物色・・・ そんな時、泉屋というお土産屋さんのご主人が声をかけてくれて、いろいろな話を聞かせてくれたり、また今日、ここで野宿したいと話すと、場所もいろいろ考えてくれ、そして良いところを提供してくれた。ありがとうございました。こうして、寝床も確保して、このロープウェイ乗り場街を散策。その後、小説を読んだりして、のんびりした時間を過ごした。


石鎚山ロープウェイ


ロープウェイ先を
見上げるが・・・


今日の寝床、泉屋前にて
犬と遊ぶ

 16時をまわったころ、テントを設営していると、ある登山者が山から下りてきた。名前は土居さん。 この石鎚山が好きで、年に何度も登っているそうだ。そんな、山好きな土居さんと登山の話で盛り上がった。また、この石鎚山最新情報も入手。どうやら山頂にはほとんど雪はないそうだ。安心したような、ガッカリしたような複雑な気分だ・・・ このあと土居さんをこの石鎚温泉に入浴しに行った。

 そして私は暗くなる前にと夕食の準備。そして夕食をとっていると、入浴を終えた土居さんがまた声をかけてくれた。なんと”石鎚の酒”という地酒を、「これであったまってください。」っと、差し入れを頂いた。そして今、その地酒を堪能しながらこの日記を書いている。ありがとうございました。そして土居さんが帰るバスが来るまで、また各地の登山の話で盛り上がった。

 バスを見送り、そしてテントの中へ。今日も懐中電灯の明かりも元に日記を書いている。明日は5時起きと、早いために今日は早く寝ようと思う。おやすみなさい〜


今日の寝床です〜


夕食を作る
今日もうまく炊けそう♪


石鎚山を登ってきた
土居さんと♪

<< 前の日へ


since2001-4