毎日更新旅日記
旅の動機
旅の概要
旅の予定マップ
旅の持ち物
 
表紙へ

 

 

 


更新日時 02/07/29 19:58
本日のデータ
日付
7月28日
天気
晴のち曇
旅行日数
21 日目
体調
良好?
本日の移動
 富士須走口5合目〜富士山頂〜須走口5合目 
走行距離
21.0 km   
現在地
富士山
総走行距離
858.5 km   
宿泊地
須走口5合目
今日の出費
食費
0 円    
宿泊費
0 円    
観光費
0 円    
雑費
10 円    
経費詳細

雑費:賽銭




富士山登頂♪♪

 富士登山のために早朝1時半に起床。登山中にご来光を浴びるのが目的の時間だ。初の夜間登山となり、ちょっと不安もありながらも2時過ぎに出発。夜間登山の全てのものが新鮮で楽しかった。暗い中、ヘッドライトを頼りに登山道を探すこと、そして月明かりに浮かぶ富士、星空、夜景・・・ 気持ちの良い出発となった。

 今回は二人のためにお互いのペースに合わせて登る。そんな感じでゆっくり登ることによって、今までにない登山を楽しむことが出来た。一定のペースで刻々と標高を稼ぎ、7合目のあたりで、ご来光を見た。地平線から登る太陽。そして赤く染まっていく雲海。とても幻想的な光景に見入ってしまった。とても綺麗な朝日だった。

 それほど、筋肉疲労も感じることなく登ることができた。使う筋肉が少し違うせいだろうか?それとも、やっぱり二人で会話を交わしながら登っているお蔭だろうか。たぶん、一人で登っていたら、筋肉疲労に嘆いていただろう・・・

 この先も雲海を横目に順調に登っていく。山頂付近では登山者に行列が出来ているのが見えた。やはり週末ともあってすごい人だかりだ。昨日お会いした江口さんとはとてもこの人ごみでは会えないなと思っていた矢先、8合目だっただろうか、なんと江口さん夫妻がいるではんばいか!さっそく声をかけて、また、楽しい会話を交わして、お互いに励ましあって後にした。


朝日の昇る直前

ご来光

富士山頂・浅間大社

 その後、無事に9時過ぎに山頂へ到着した。天気も良くて気持ちの良い山頂だ!このたびの最初の目標としていた富士さんに無事に登頂できた!感無量だ!あまりの気持ちよさにここで1時間あまり昼寝をして、それからいよいよ最高峰の剣ヶ峰めざしてお鉢周りだ。その途中の郵便局で手紙を出して、そして浅間大社で、無事登頂のお礼と、今後の旅の成功を祈った。そしていよいよ最高峰へ。レーダードームがなくなった寂しい観測所を横目に無事、日本最高所、3776mの地点にたった。この感動は言葉に言い表せない。ここまでくるのにたくさんの苦労があったが、それでもがんばってこれたのも、たくさんの応援があったからこそここまでこれた。私一人の力ではなく、皆さんの支えがあったからこそです。あらためて応援してくださってる方に厚くお礼を申し上げます。ほんとうにありがとうございました。これからまだ長い旅が続きますががんばっていきます!!


寂しいレーダードーム

Kさんと山頂で

富士の大火口

 実はお鉢周り中でも、また江口さんと再会した。ほんと偶然の楽しい出会いだ。登頂を喜び合って、そして無事にお鉢周りを終了して12時ごろに下山に向かった。実はこの下山もちょっと楽しみにしていた。初の砂走りの下山道だ。どんな感じなのか期待しながら下山していった。最初は他の登山口の同様の下山道。滑りやすく歩きずらい。救いは他の山と違って砂地なので膝を痛めにくくてよいことだ。下山も順調にくだって、いよいよ砂走りへ、ほぼ直線の急な下りだが、やわらかい砂地で足を痛めることなく、どんどん下ることができた。一歩で2m3m飛ぶこともあった。ただ欠点は砂煙で汚れることだが、それを除けば楽しい下りだ。あっという間に6合目まで下った。初の砂走りを経験したが、予想以上に楽に下れ、そして楽しむことまでできた。こんどは御殿場口の大砂走りも通ってみたくなった。

 無事に14時すぐに下山することが出来た。Kさんと喜びを分かち合う。下山後、山小屋では食事までご馳走になった。これが、登頂後ということもあって美味しかったこと♪そしてKさんには選別まで頂いてしまってほんとお世話になりました。ありがとうございました。楽しい富士登山にすることができました。

 15時のバスでKさんは帰宅に向かった。それからはのんびりとこの5合目で過ごした。麓までの下山は明日にするつもりだからだ。麓まで降りた後、すぐにまた、あの長い籠坂峠を登らなくてはならないので、今はそこまで元気がなく、明日早朝に下山して峠を越えて山中湖へ向かうつもりだ。そして、お勧めのメールを貰った、紅富士の湯へ行こうと思っている。明日は温泉でゆっくり休養しよう♪ちょっと天気が心配だが・・・ さすがに2時おきだったこともあり眠い・・・ 今日は早く寝ようと思う。おやすみなさい

<< 前の日へ


since2001-4