毎日更新旅日記
旅の動機
旅の概要
旅の予定マップ
旅の持ち物
 
表紙へ

 

 

 


更新日時 02/08/24 16:46
本日のデータ
日付
8月21日
天気
雨のち曇
旅行日数
44 日目
体調
良好
本日の移動
 戸隠中社〜白馬村
走行距離
52.9 km   
現在地
長野県白馬村
総走行距離
1600.9 km   
宿泊地
植田さん宅
今日の出費
食費
2676 円    
宿泊費
0 円    
観光費
0 円    
雑費
1250 円    
経費詳細

 食費:登山用食料(米等)
 雑費:登山地図・小説




嬉しい出会い

 昨夜はぐっすり眠れたのだが、朝の目覚めが最悪だった。朝方5時前、そろそろ起きようかなと思っていてウトウトしていたところに、「なんでこんなところで寝てるんだね。起きなさい!!水流すから!」と強い口調で起こされた。「すいません。すぐ退きます」と返すがそれ以降、何度も頭を下げるが、言葉も返してくれず、おじさんは無言で掃除を続けた。無愛想な方で、ちょっとムッときてしまったが、さすがにこちらが悪いだけになにもいえない。そんな感じのちょっと嫌な朝となった。急いで荷物を整理してさっさとその場を後にした。よく見ると、すぐ高台に東屋があるではないか。そこにすればこんなことにはならなかったのに・・・ 昨夜は暗くて分からなかった。悔しい〜 と思いながら、いまだに小雨が降る中、白馬村目指して出発した。

 県道36号を通って白馬村に向かう。変な天気で小雨が降ったり止んだり、そして日が差したりと気まぐれな天気だった。今朝は今までで最高に冷え込み、今の装備ではだんだんときつくなってきた。山にも登るため、そろそろ冬準備に入らなくてはいけない時期になってきていることを感じた。

 小雨が降る寒い中、震えながら大望峠を越える。ここから白馬村までに虹を3回も見るほど天気雨も続いた変な天気だ。国道406号に出てからは蕎麦粒峠まで緩やかな登りがひたすら続く。涼しいというか寒い気温のおかげかそれほど苦もなく峠まで登頂。ここからの北アルプスの展望が最高らしいのだが、残念ながら山々は雲に覆われていた。それでもその気分を味わおうとここで30分ほど休憩。のんびりしていると白馬側からバイクで登ってくるおじさんが声をかけてくれた。名前は植田さん。白馬村の温泉情報や、無料キャンプサイトを教えていただいた。そしてその教えていただいたキャンプサイトが植田さん宅の近くで、夕食を家で一緒に食べないかと誘っていただきお邪魔することになった。その場はそれで別れ、後でキャンプサイトで会うことにした。

 また寒さで震えながら白馬村まで下っていく。ほんとこんなに寒い思いをしたのは初めてだ。白馬村へ降りた後は、まずはジャスコへ向かった。こんな小さな村でも大型スーパージャスコがあるのだ。久しぶりのスーパーにいろいろ買い込む。そのあとは本屋さんへ。小説と登山地図を購入した。それから郵便局へ。健康手帳の変更の手続きが、この旅の出発までに間に合わなかったために後から局留めで送ってもらったのだ。それを受け取りに郵便局へむかった。一緒に母からの手紙も入っていて、大したことは書かれていなかったのだが、家族の暖かさに触れて自然に目に涙を浮かべてしまった。

 そして教えていただいたキャンプサイトへと向かったのだが、なかなかその場所が分からずにウロウロしていると、そこに帰宅してきた植田さんが様子を見に来てくれ再会した。キャンプサイトを教えてもらい、夕食をご馳走になるためにそのまま植田さん宅へ。植田さん宅と言っても別荘でとてもお洒落な作りのとてもよいところだった。もうすぐここを出られるために布団を片付けてしまっていて泊らせられないが・・・ ということだったが、寝袋でよければと言う事で今晩お邪魔することになった。

 夕食はテラスでの炭火でのバーベキューをご馳走になる。ほんと美味しかったです。ありがとうございました!!そして植田さんは世界のいたるところをまわって仕事をなさってきた方で、世界の文化の習慣の違いなどたくさんの話をしていただき、いままでに聞いたことがない話ばかりで、とても新鮮に感じ、そして勉強にもなりました。改めてありがとうございました。


大望峠から
北アルプス方面

大望峠にて



国道406号沿い
蕎麦粒山付近から

<< 前の日へ


since2001-4