登山記
百名山一覧
百名山ランキング
二百名山一覧
世界の山々
 
表紙へ

 

 

天城山
標高 万二郎岳 1320m 万三郎岳 1406m
概要  伊豆半島中央部に位置する複合火山で天城山はその総称。基底は直径15kmの円錐形、頂上部分の山陵は直径6kmのカルデラを囲む環状の壁となっている。中央火口丘の白田山、外輪山には万二郎岳、万三郎岳、箒木山など、十五の火山からなる。全体が美しい原生林におおわれており、登山道にもアセビやヒメシャラ、シャクナゲ、ブナなどの林が続く。4月から5月にかけてはシャクナゲ、アセビ、ヤマツツジなどの花が咲く。最高峰の万三郎岳も三角点のある万二郎岳も、頂上は灌木に覆われており、展望はほどんど得られない。
登山記録 H14年 5月 3日(自転車アプローチ)
 天城高原ゴルフ場〜万二郎岳〜万三郎岳〜涸沢分岐点〜天城高原ゴルフ場

登山記
登山日
H14年 5月 3日 (自転車アプローチ)
天気
登山路
天城高原ゴルフ場〜万二郎岳〜万三郎岳〜涸沢分岐点〜天城高原ゴルフ場

 GWを利用しての自転車伊豆一周の旅の最中の登山である。早朝、大室山麓のさくらの里より出発。自転車を漕ぐと言うよりも、ほとんど押して登山口まで登る。
 詳しくは伊豆一周リアルタイム旅行記へ


ゴルフ場 登山口

 8:25 支度を整え出発。今回は万二郎岳を経由して最高峰でもある万三郎岳に登る。どこも展望はあまりきかないが、たまに富士山が顔を出す。すばらしい景色だ。南アルプスも一望できた。さらに自分の足で海抜0mから登ってきているのも嬉しかった。

 9:05 あっという間に万二郎山頂だ!歩くのが楽しかった。いつも自転車を押して歩いていたが今回は違う。おもいっきり歩けるのが嬉しい。足も軽い。すぐに最高峰でもある万三郎岳を目指すが思ったよりも遠い。それに予想以上に下り、そしてまた登り下る。それでも楽しい。


万二郎岳登山途中より

万二郎岳山頂

  10:00 万三郎岳山頂♪とうとう伊豆で一番高いところへ来た。感無量であった。展望はあまりなかったが唯一富士山だけは望むことができた。それほどゆっくりしている時間も残念ながらないので、そうそうに下山に向かった。下山は違うコースを選びゴルフ場まで下る。こちらのコースもアップダウンがあり下りのわりには時間がかかってしまった。

万二郎岳より万三郎岳方面

万二郎岳付近より南東の展望

万三郎岳山頂

万三郎岳山頂より富士

 11:20 下山する。



since2001-4