三大名所
日本百選
 
表紙へ


 


三名山

標高 3776m (静岡県・山梨県)
基底周囲約153Kmを誇る日本一高い山。古くは平安時代から信仰の対象とされ、明治初期まで信仰登山が続いていた。
標高 3015m (富山県)
立山連峰の主峰部、雄山、浄土山、別山をはじめとする連峰をさす。
標高 2702m (石川県・岐阜県・福井県)
古くは「しらやま」と呼ばれ、日本でもっとも自然の残る山といわれ、見事の原生林には多くの野生動物が生息する。


since2001-4