三大名所
日本百選
 
表紙へ


 


三大急流

全長 229km (山形県)
山形県の母なる最上川は、全長229kmの大河であり、置賜、村山、最上、庄内と県内全域を潤し、県内だけを流れる特異な川でもある。
全長 128km (静岡県、山梨県)
古くから水害が記録され、治水事業が行われてきました。中でも、戦国時代の 武将・武田信玄公により作られた信玄堤、万力林は全国的に有名です。
全長 115km (熊本県)
九州山地の分水界に源を発し、115kmにわたって流れ下り、八代海へとそそぎます。流域面積は1880平方km、長さ、広さともに九州では第3位の大河になります。


since2001-4