三大名所
日本百選
 
表紙へ


 


三大瀑布

(けごんのたき) 落差 97m (栃木県)
中禅寺湖の水が一気に落下する迫力ある滝で、その滝の落差は97mもあります。
(なちのたき) 落差 133m (和歌山県)
正確には48滝あり、「那智の滝」と呼ばれているものは 「一の滝」といいます。
(ふくろだのたき) 落差 120m (茨城県)
滝の流れが大岩壁を  四段に落下することから、別名「四度の滝」とも呼ばれる。
(しょうみょうだき) 落差 350m (富山県)
落差日本一(350m)の巨爆。弥陀ヶ原の北端を削りとるように流れる称名川が岸壁を4段になって流れ落ち、その水量は毎秒1〜2tに及ぶ


since2001-4