三大名所
日本百選
 
表紙へ


 


三大砂丘

全長 66km (千葉県)
南の太東崎から北の刑部岬まで延々66km続く弓形の海岸線。源頼朝が六町毎に矢をさしたら99本を要したというのでこの名がある。
南北2km、東西16km (鳥取県)
日本海に面した大規模な砂丘で、最高地点で40mもある起伏や摺鉢と呼ばれるくぼみなど変化に富んだ風景が広がる。
南北0.6km、東西4km (静岡県)
起伏が少なく繊細な風紋が遙か彼方まで見渡せる。初夏〜秋にかけてアカウミガメが産卵にくる神秘的な風景も見られる。
全長 44km (鹿児島県)
晩春から夏にかけてアオウミガメの産卵地として知られています。弓状の長大な砂浜は、青い海と白い砂と緑の松のコントラストが美しい。


since2001-4