三大名所
日本百選
 
表紙へ


 


三大美人湯

(和歌山県)
1300年の古い歴史と伝統の香る、龍神温泉は、中里介山の大長編小説「大菩薩峠」、有吉佐和子の「日高川」などで、小説の舞台になっている紀州の名湯です。
(群馬県)
雁ケ沢川の川畔、山間にあるいで湯。無色透明のやわらかい温泉は漂白効果があることから「美人の湯」としても有名。
(新潟県)
大国主命の妃である八上姫が発見したといわれる程、その歴史は古い。 温泉には多量の硼酸が含まれるため、肌が白くきめ細かくなるといわれ、古くから美人の湯として有名


since2001-4