三大名所
日本百選
 
表紙へ


 


三大水城

(香川県)
高松城(玉藻城)は天正16年(1588)黒田如水の設計で生駒親正公によって築城。瀬戸内海や高松港、屋島、高松市街と360度眺めのいい天守閣跡・三層の月見櫓・艮櫓・堀割の一部が残り、往時をしのばせている。
(愛媛県)
今治城は慶長9年(1604)9月、藤堂高虎によって築城されました。 現在は本丸、二ノ丸、内堀と石垣等を残しています。天守閣は昭和55年10月に再建されたもので、市の観光と文化のシンボルとなりました。
(大分県)
天正16年(1588)豊臣秀吉の臣下である黒田如水により築城が始まり、元和元年(1615)細川忠興(ただおき)により完成。当時の天守閣は明治維新後取り壊されたが、1964年に19代当主奥平氏が再建。


since2001-4