三大名所
日本百選
 
表紙へ


 


三関

(スズカノセキ)  (東海道・伊勢)
古代には、日本三関の一つ「鈴鹿関」が置かれていた。現在のような町並みが出来上がったのは、16世紀末のことである。江戸時代には、東海道の江戸から47番目の宿場として、参勤交代、伊勢参り等で大いに賑わった。
(フワノセキ)  (東山道・美濃)
大和朝廷により統一がなされ、国府と結んだ道が設けられた。東山道もその一つで、関ヶ原町松尾地内に不破関が設けられた。今から約1300年あまり前、壬申の乱(672)の翌年天武天皇は、都の大津を守るために3つの関所(鈴鹿・愛発・不破)をつくった。
(アラチノセキ)  (北陸道・越前)
越前の愛発山の辺にあった関。古代の北陸道の要衝。789年(延暦8)廃止。


since2001-4