三大名所
日本百選
 
表紙へ


 


日本三景

(宮城県)
波静かな湾に浮かぶ小島は灰白色の岩の頭に黒松、赤松をのせる。俗に八百八島といわれるが実際は260島ほど。松島観光の中心は瑞巌寺(ずいがんじ)がある松島海岸周辺で、観瀾亭や五大堂、雄島などの史跡や霊場が自然美と調和をみせる。
(京都府・宮津市)
白砂青松の絶景は、海流が運んだ砂が堆積してできたもので、自然の造りだした芸術に驚かされます。脚の間から逆さまにのぞくと天にのぼる橋のように見えるという、傘松公園からの眺望は特にすばらしく、また、砂浜の上を散歩したりして四季折々の風景を楽しむこともできます。
(広島県)
霊峰弥山を主峰とする原生林に包まれた島全体が昔から信仰の対象として崇められてきた。島内は見どころが多く、朱の大鳥居に象徴される厳島神社や宝物館、千畳閣、水族館などがある。


since2001-4