三大名所
日本百選
 
表紙へ


 


三大カルスト

(福岡県)
南北11km、東西2km、海抜約500mの広大なカルスト台地。石灰地特有の植物が生えるなだらかな草原には、羊が草を食むように石灰岩塊が見え隠れし、「羊群原」とも呼ばれている。
(山口県・秋芳町)
山口県西中央部にある日本最大のカルスト台地。雨による溶食作用によってつくられた「カレンフェルド」と呼ばれる石灰岩柱が林立する。
(愛媛・高知県)
愛媛県と高知県との県境、天狗高原から地芳峠、大野ヶ原へと続く東西25km・南北約3kmの広大な高原に、白い石灰岩が無数に散らばっている


since2001-4