三大名所
日本百選
 
表紙へ


 


三大大崩

(富山県)
安政5年(1858)に常願寺川上流の跡津川断層ぞいで直下型地震が起こった。常願寺川では、大鳶山、小鳶山の大崩壊となって、莫大な土砂が立山カルデラの一部の緑地と渓谷を埋め尽くした。この崩壊した土砂は、なんと4.1億立方メートルという膨大な量であった。
(長野県)
稗田山の北側海河原、橡平(トチダイラ)坂平(イタビラ)にかけての通称サトンポ地籍が楕円形に、長さ約8キロ、高さは河床から約300メートルの所までほぼ1キロの厚さがすべり落ちた。
(静岡県)
宝永4年(1707)年の地震で崩れたといわれ、落ちた土石は1億2000万m3、東京ドーム100杯分にものぼるとされています。


since2001-4