三大名所
日本百選
 
表紙へ


 


三大灯籠

(京都府・京都市左京区)
臨済宗南禅寺派の大本山。亀山法皇の離宮が下賜され、禅寺となったのが始まり。三門〔重文〕は「絶景かな」の五右衛門伝説で有名。大方丈〔国宝〕は寝殿造の名建築で、小方丈〔国宝〕も襖絵・庭園など見所が多い。
(愛知県・熱田区)
古来より皇室から伊勢神宮に次ぐ崇敬を受け、三種の神器の一つ「草薙の剣」を祭る。弘法大師お手植と伝わる樹齢約1,000年のクスの巨木や、伊勢神宮にならった社殿が鎮座する。
(東京都・上野)
寛永4年(1627)寛永寺山内に家康を祭った社殿を創建。現社殿は家光が改築した造りで、総金箔で飾った権現造。境内に大青銅燈篭、お化け燈篭等が建つ。


since2001-4