三大名所
日本百選
 
表紙へ


 


三大金山

(新潟県)
佐渡金山は徳川幕府の財政を支えた日本最大級の金山です。 明治29年に三菱合資会社(三菱マテリアルの前身)が払い下げを受け、平成元年まで採掘してきました。 史跡佐渡金山は、日本で初めて坑道を観光できるもので、観光地「佐渡」の目玉となっています。
(北海道)
大正4年に発見されて以来、同6年には、数人の共同所有であった鉱業権を住友が買取り、整備開発がなされ、数十年の長い歴史を有しており、その間戦前から戦後にかけて東洋一の富鉱金山として栄えた。
(福島県)
高玉(たかだま)金山は天正元年(1573年)頃に会津藩の手によって開山されたと伝えられている。 以来400年にわたって採掘が続けられて来たが、惜しくも昭和51年(1976年)に閉山となった。
(鹿児島県)
江戸時代は島津・薩摩藩の重要な財源であり、その後も多くの金を産出してきました。現在は、金の産出は減ったようですが、まだ、良質の鉱脈が存在するため、銀・銅などの採掘が行われている。


since2001-4